Top
TIPS 27

2006/04/07
IE上の画像等をドラッグ&ドロップで保存した場合にファイル名に付く [1] を削除(リネーム)する WSH(Windows Scripting Host)
(複数のファイルに対応しています)
// ファイル名の括弧を消す(例:001[1].jpg → 001.jpg)
// del[1].js
fso = new ActiveXObject("Scripting.FileSystemObject");
filespec = WScript.Arguments;

try {
    if (filespec.length >= 1) {
        for (i = 0; i < filespec.length; i++) {
            path = filespec(i);
            if (fso.FileExists(path)) {
                f = fso.GetFile(path);
                if (f.Name.match(/.+\[\d].+/)) {
                    f.Name = f.Name.replace(/\[\d]/g, "");
                }
            }
        }
    }
}
catch(e) {}
使い方:
1.ショートカットをデスクトップ等に作成して、ファイルをドラッグ&ドロップする。
2.エクスプローラのコンテキストメニュー拡張ソフトに登録する。
  (C:\WINDOWS\system32\wscript.exe 〜\del[1].js)

参考リンク:Mt.Wide's Soft Library
TIPS 26

2006/01/22
2006/02/01
置換

Internet Explorer 7.0 Beta 2 Preview for Windows XP(英語版)での当サイトの動作確認スクリーンショット

下の縮小画像をクリックすると、画像を見ることができます。(別ウィンドウが開きます)

IE7 b2-1IE7 b2-2IE7 b2-3

※02/01公開の正式 Beta 2 Preview に置き換えました。
当サイトの表示/動作は正常のようです。
TIPS 25

2006/01/06
2006/05/01
修正
2007/03/15
修正
右クリックから、2ちゃんねる上の外部URL(リンク)をリダイレクトせずにダイレクトにジャンプする。
<script language="JavaScript" defer>
s = "";
parentwin = external.menuArguments;
w = window.parentwin;
if (parentwin.event.srcElement.tagName =="A") {
    s = parentwin.event.srcElement.href;
}
s = s.replace(/((www2\.|)ime\.(nu|st)|pinktower\.com)\//, "");
u = s.match(/^h?ttps?:\/\/[^ ]+$/g);
if (u) w.location = u;
</script>
「IE MenuExt」(Uryusoft)等を使用して設定して下さい。
表示方法は、[リンク] のみです。
TIPS 24

2006/01/01
IE の右クリックでリンク、選択URL のブラクラチェックを行う。
<script language="JavaScript" defer>
s = v = "";
parentwin = external.menuArguments;
w = window.parentwin;
bcurl = "http://so.7walker.net/index.php?";
t = new String(parentwin.document.selection.createRange().text);
if (parentwin.event.srcElement.tagName =="A") {
    v = parentwin.event.srcElement.href;
}
if (t != "") s = t;
if (v != "") s = v;
s = s.replace(/\s/g, "");
u = s.match(/^h?ttps?:\/\/[^ ]+$/g);
if (u) {
    if (s.match(/^ttps?.*$/g)) u = "h" + u;
    w.location = bcurl + u;
}
</script>
「IE MenuExt」(Uryusoft)等を使用して設定して下さい。
表示方法は、

[テキスト選択時]
[リンク]

の2つです。

参考リンク:ソースチェッカーオンライン
(注):サーバ負荷により、結果が表示できないことがあります。その場合は時間を置いて再度チェックを行ってください。
TIPS 23

2005/10/06
Windows カスタマイズ、高速化に関する Web サイト

個人的に役に立ったサイトの一部を紹介します。

■インターネット接続高速化計画■
OSARU House(ろくでなし猿のねごと)
Tune XP - Tune-up, tweak and optimize your Windows XP
Welcome to LOVELY XP!
Welcome to vaio's HomePage
Windows XP SP2 サービス一覧
ミニマムのホームページ

(注):これらのサイトは、URL が変更になったりサイトが閉鎖される可能性があります。
TIPS 22

2005/07/29
Internet Explorer 7.0 Beta 1 for Windows XP(英語版)での当サイトの動作確認スクリーンショット

下の縮小画像をクリックすると、画像を見ることができます。(別ウィンドウが開きます)

IE7 b1-1IE7 b1-2IE7 b1-3

とりあえず確認した範囲では正常に動作しているようです。
TIPS 21

2005/06/21
2005/07/24
修正
IE の右クリックで 現在のページ、リンク、選択URL の Google PageRank
を調べる。
(新規ウィンドウが開きます)
<html>
<script language="JavaScript" defer>
WshShell = new ActiveXObject("WScript.Shell");
v = "";
parentwin = external.menuArguments;
uri = parentwin.location.href;
t = new String(parentwin.document.selection.createRange().text);
if (parentwin.event.srcElement.tagName =="A") {
    v = parentwin.event.srcElement.href;
}
s = uri;
if (t != "") s = t;
if (v != "") s = v;
s = s.replace(/\s/g, "")
u = s.match(/^https?:\/\/[^ ]+$/g);
if (u) {
WshShell.Run("http://www.usamimi.info/~ryouchi/cgi-bin/prchk.cgi?url=" + u);
}
</script>
</html>
「IE MenuExt」(Uryusoft)等を使用して設定して下さい。
表示方法は、

[通常時]
[画像上]
[コントロール上]
[テーブル上]
[テキスト選択時]
[リンク]
[Unknown]

の7つです。

参考リンク:Google PageRank Checker
TIPS 20

2005/03/21
IE の右クリックで http:で始まるURL(ページ、リンク、選択)をコピーし、先頭の h を抜いた URL を貼り付ける。

2ちゃんねるなどで必要になることがある http:〜の先頭の h を抜いた URL を、
2ちゃんねるブラウザのエディタなどに貼り付けることができます。
IE コンポーネント使用の2ちゃんねるブラウザであれば使用できると思います。
<script language="JavaScript" defer>
v = "";
parentwin = external.menuArguments;
uri = parentwin.location.href;
t = new String(parentwin.document.selection.createRange().text);
if (parentwin.event.srcElement.tagName =="A") {
    v = parentwin.event.srcElement.href;
}
s = uri;
if (t != "") s = t;
if (v != "") s = v;
s = s.replace(/\s/g, "")
u = s.match(/^https?:\/\/[^ ]+$/g);
if (u) {
    u = s.replace(/^http/, "ttp");
    ta = parentwin.document.createElement("TEXTAREA");
    ta.appendChild(parentwin.document.createTextNode(u));
    rng = ta.createTextRange();
    rng.execCommand("Copy");
}
</script>
「IE MenuExt」(Uryusoft)等を使用して設定して下さい。
表示方法は、

[通常時]
[画像上]
[コントロール上]
[テーブル上]
[テキスト選択時]
[リンク]
[Unknown]

の7つです。

Uryusoft のWeb ページが開けず、IE MenuExt が入手できない場合は、
あんてぃ〜くしょっぷ くまかわ堂」より入手して下さい。
TIPS 19

2004/12/13
IE の右クリックからレジストリキーを Registry Editor Extensions(RegEditX) または、俺RegEdit改に送る。

ページ上のレジストリキー文字列を選択し、右クリックで RegEditX または、俺RegEdit改で、選択したレジストリキーを開きます。レジストリによるカスタマイズ関連のページのデータを即レジストリに反映させることができます。
<script language="JavaScript" defer>
// RegEditX
EditX = '"C:/Program Files/RegEditX/RegEditX.exe"';
WshShell = new ActiveXObject("WScript.Shell");

parentwin = external.menuArguments;
t = new String(parentwin.document.selection.createRange().text);
t = t.replace(/^[\s ]+|[\s ]+$/g, "");
u = t.match(/^(HK(CR|CU|LM)|HKEY_(CLASSES|CURRENT|LOCAL)).+$/g);
if (u) WshShell.Run(EditX + " " + u);
</script>
<script language="JavaScript" defer>
// 俺RegEdit改
EditKai = '"C:/Program Files/OreRegEditKai/OreRegEditKai.exe"';
WshShell = new ActiveXObject("WScript.Shell");

parentwin = external.menuArguments;
t = new String(parentwin.document.selection.createRange().text);
t = t.replace(/^[\s ]+|[\s ]+$/g, "");
u = t.match(/^(HK(CR|CU|LM)|HKEY_(CLASSES|CURRENT|LOCAL)).+$/g);
if (u) WshShell.Run(EditKai + " " + u);
</script>
「IE MenuExt」(Uryusoft)等を使用して設定して下さい。
表示方法は、[テキスト選択時] です。

Uryusoft のWeb ページが開けず、IE MenuExt が入手できない場合は、
あんてぃ〜くしょっぷ くまかわ堂」より入手して下さい。

TIPS 18

2004/09/13
Windows XP Service Pack 2 をインストールし、IE 6(SP2) でダウンロードした実行ファイルを実行しようとすると表示される警告ダイアログを出ないようにする。

Windows XP Service Pack 2 をインストールし、IE 6(SP2) で、NTFS ファイルシステムでフォーマットされたドライブにダウンロードした実行ファイルを実行しようとすると、セキュリティ警告ダイアログが表示されます。

セキュリティ警告ダイアログ

この警告ダイアログを表示させないようにする方法を紹介します。

(Professional 版での方法)
  • ファイル名を指定して実行に gpedit.msc と入力して「OK」を押し、グループ ポリシーを起動する。
  • ユーザーの構成 - 管理用テンプレート - Windows コンポーネント - 添付ファイル マネージャを開く。
  • 「ゾーン情報を添付ファイルに保存しない」をダブルクリックし、「設定」タブの「有効」ラジオボタンをクリックし、「OK」ボタンを押し、グループ ポリシーを閉じる。
(Professional、Home Edition 共通の方法)
  • ファイル名を指定して実行に regedit.exe と入力して「OK」を押し、レジストリエディタを起動する。
  • HKEY_CURRENT_USER\
     Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Policies に新規キー「Attachments」を(なければ)作成する。
  • Attachments キーを選択し、Attachments の右ペイン上で右クリックして、
    新規 → DWORD値 →「SaveZoneInformation」を(なければ)作成する。
  • SaveZoneInformation をダブルクリックし、「値のデータ」に 1 を入力する。
TIPS 16

2004/05/26
フラットに見えるスクロールバーの作り方

最近流行?のフラット風に見えるスクロールバーの作り方を簡単に説明します。
body {
    scrollbar-track-color: #ffefff;      (d)
    scrollbar-face-color: #ffccff;       (a)
    scrollbar-shadow-color: #ffccff;     (a)
    scrollbar-darkshadow-color: #ff66ff; (b)
    scrollbar-highlight-color: #ffccff;  (a)
    scrollbar-3dlight-color: #ffffff;    (c)
    scrollbar-arrow-color: #ffccff;
}
  • (a) (face、shadow、highlight) は基本の色として同じ色にする。
  • (b) (darkshadow) は(a) と同系色で濃い色にする。
  • (c) (3dlight) は白(またはそれに近い色(薄い灰色など))にする。
  •   (グレースケールを使ってバランスの良い色を探す)
  • (d) (track) は特に決める必要はないが、ページの背景色と同系色で (a) より薄い色が望ましい。
フラットスクロールバーサンプルページ
TIPS 15

2004/04/23
IE のコンテキストメニューを利用して Excite ウェブページ翻訳(英和/和英)

Excite の仕様変更に伴い、v1.02 → v1.01 にバージョンを戻しました。
結果は同じウィンドウに出力されます。

下記よりダウンロードできます。

extrans101.lzh
TIPS 14

2004/04/18
IE の右クリックから URL を任意のアプリケーションで開く(改良版)

リンク上で右クリック、または URL 文字列を選択して右クリックすると、Mozilla Firefox で開きます。
それ以外の場所で右クリックした場合はそのページ(フレームの場合は個々のページ)をMozilla Firefox で開きます。

2004/04/19: 2ちゃんねるなどでよく見られる [ttp://〜] に対応しました。
<!-- IE の右クリックから URL を Mozilla Firefox で開く。
     引数はリンク、または選択文字列。
     それ以外の場所での右クリックは現在開いているページ。 -->
<script language="JavaScript" defer>
WshShell = new ActiveXObject("WScript.Shell");
v = "";
str = "\"C:\\Program Files\\Mozilla Firefox\\firefox.exe\"";
opt = " -P \"Default User\" ";
// opt = " "; // オプションが不要の場合は半角スペース。
// パス、プロファイルは各自の環境に合わせて書き換える。
parentwin = external.menuArguments;
uri = parentwin.location.href;
t = new String(parentwin.document.selection.createRange().text);
if (parentwin.event.srcElement.tagName =="A") {
    v = parentwin.event.srcElement.href;
}
s = uri;
if (t != "") s = t;
if (v != "") s = v;
s = s.replace(/\s/g, "");
u = s.match(/^(h?ttps?|file):\/\/\/?[^ ]+$/g);
if (u) {
    if (s.match(/^ttps?.*$/g)) u = "h" + u;
    WshShell.Run(str + opt + u);
}
</script>
「IE MenuExt」(Uryusoft)等を使用して設定して下さい。
表示方法は、

[通常時]
[画像上]
[コントロール上]
[テーブル上]
[テキスト選択時]
[リンク]
[Unknown]

の7つです。

(注):IE コンポーネント使用のタブブラウザでは正常に動作しない場合があります。

Uryusoft のWeb ページが開けず、IE MenuExt が入手できない場合は、
あんてぃ〜くしょっぷ くまかわ堂」より入手して下さい。
TIPS 13

2004/03/13
IE の右クリックから URL を任意のアプリケーションで開く

下記にソースコードを示します。
この例では、リンク上で右クリック、または URL 文字列を選択して右クリックすると、Mozilla Firefox で開きます。
<!-- IE の右クリックから URL を Mozilla Firefox で開く。
     引数はリンク、または選択文字列。 -->
<script language="JavaScript" defer>
WshShell = new ActiveXObject("WScript.Shell");
v = "";
w = window.external.menuArguments;
str = "\"C:\\Program Files\\Mozilla Firefox\\firefox.exe\"";
opt = " -P \"Default User\" ";
// パス、プロファイルは各自の環境に合わせて書き換える。
parentwin = external.menuArguments;

if (parentwin.event.srcElement.tagName =="A") {
    v = parentwin.event.srcElement.href;
}
s = new String(w.document.selection.createRange().text);
if (s == "") s = v;
s = s.replace(/\s/g, "");
if (s.match(/^https?:\/\/[^ ]+$/g)) {
    WshShell.Run(str + opt + s);
}
</script>
「IE MenuExt」(Uryusoft)等を使用して設定して下さい。
表示方法はテキスト選択時、リンクの2つです。

Uryusoft のWeb ページが開けず、IE MenuExt が入手できない場合は、
あんてぃ〜くしょっぷ くまかわ堂」より入手して下さい。
TIPS 12

2003/12/26
IE 6.05 Build 0008(英語版)での当サイトの動作確認

下の縮小画像をクリックすると、画像を見ることができます。

IE 6.05

とりあえず正常に動作しているようです。タイトルの日本語は文字化けしています。
また、スクロールバーがフラットになっているのがわかります。
TIPS 11

2003/10/24
clientcaps behavior を使用して、Windows コンポーネントのインストール状況、バージョンを取得する方法(IE 5 以上)

下記サンプルページをご覧下さい。(詳細はサンプルのソースを見て下さい)

Windows コンポーネント インストール状況
TIPS 10

2003/09/29
ユーザー側で IE のスクロールバーの色を変更、固定する方法

「コントロールパネル」の「インターネットオプション」を開き、右下の「ユーザー補助(E)」ボタンを押し、「ユーザー スタイル シート」の「□自分のスタイル シートでドキュメントの書式を設定する(D)」にチェックを入れ、「参照(B)」ボタンを押して、.CSS ファイルを指定します。

.CSS ファイルの記述は下記のようにします。(例)
色を指定しない場所(値)は transparent を指定して下さい。
body, html {
    scrollbar-base-color: #6666CC !important;
    scrollbar-track-color: #C0C0C0 !important;
    scrollbar-face-color :transparent !important;
    scrollbar-shadow-color :transparent !important;
    scrollbar-darkshadow-color :transparent !important;
    scrollbar-highlight-color :transparent !important;
    scrollbar-3dlight-color :transparent !important;
    scrollbar-arrow-color :transparent !important;
}
TIPS 9

2003/09/27
IE のスクロールバーの色をリアルタイムに変更する方法

下記ページをご覧下さい。

HTML小技集/メインコンテンツ/スクロールバーの色をリアルタイムに変更
HTML小技集 より)

上記ページを参考に私の作成したサンプルページ
TIPS 8

2003/09/21
IE, Netscape7, Mozilla, Opera7 で動作するマウスオーバー文字色変化

IE, Netscape7, Mozilla, Opera7 で共通動作する、マウスを乗せると文字色などが変化するサンプルページです。IE と Opera7 は同じスクリプトで動作します。

Netscape7, Mozilla では、<A> タグ以外でも動作する hover 疑似クラスを利用しています。ただし、この機能は Mozilla 1.0RC2 以降でサポートされたため、Netscape6 などでは動作しません。また、指定したタグ(この場合 <SPAN>)の中に別のタグがあると、IE で正常に動作しなくなるので、5行目の「Eggs」では別の関数(mover)を使っています。
この関数の中では、IE, Opera7、及び Mozilla 1.0 以降(Gecko/20020715 以降)を判別しています。
尚、現在 IE 4 の環境がないため IE 4 での動作確認はしていません。

追記 2003/09/24) hover 疑似クラス(CSS2)は Opera7 でも動作するはずなのですが、バージョンによって、または CSS の記述方法によっては正常に動作しない事があるようなので、IE と共通の関数を適用しました。

IE, Netscape7, Mozilla, Opera7 で動作するマウスオーバー文字色変化

サンプルページについて疑問、質問等があれば、私宛にメールをお送り下さい。
TIPS 7

2003/06/10
IE のコンテキストメニューを利用して Excite テキスト翻訳(英和/和英)

これは、Web ページ全体ではなく、IE のコンテキストメニューを利用して選択部分のみを翻訳(英和/和英)するメニューを追加するソフト(フリーソフト)です。
同種のソフトは既にいくつかありますが、新しいウィンドウが意図しない場所に開いてしまうのが個人的に嫌なので、同じウィンドウに出力されるタイプを敢えて作成しました。
(結果は同じウィンドウに出力されます)

下記よりダウンロードできます。

extranstx100.lzh
TIPS 6

2003/06/03
IE のコンテキストメニューを利用して Excite ウェブページ翻訳(英和/和英)

前回の TIPS ではフレームページを翻訳する場合が不便でした。そこで、IE の右クリックコンテキストメニューに翻訳メニューを追加するソフト(フリーソフト)を作成しました。
(結果は新しいウィンドウに出力されます)

下記よりダウンロードできます。

extrans101.lzh (2003/11/09 v1.02)
TIPS 5

2003/05/31
IE の「お気に入り」を利用して Excite ウェブページ翻訳(英和/和英)

前回の TIPS と同じ、IE の「お気に入り」を利用して Web ページの翻訳を行います。
(結果は新たなウィンドウに出力されます)

Excite Webページ翻訳(英和)

Excite Webページ翻訳(和英)

上記リンクを右クリックして「お気に入り(リンク)に追加」します。
(警告が出ますが無視します)

  • ローカル上のファイルを翻訳することはできません。
  • フレームを使ったページの場合、そのままでは使用できません。必要なフレーム上で右クリックし、「プロパティ」で URL を調べ、アドレスバーに入力して開いて下さい。
参考リンク:Excite エキサイト
TIPS 4

2003/05/15
IE の「お気に入り」を利用して Web サイトの「Another HTML-lint」 「W3C MarkUp Validation Service」 「W3C CSS 検証サービス」を行う方法

前回の TIPS では、右クリックのコンテキストメニューから「文法チェック」を行う方法を紹介しましたが、今回は IE の「お気に入り」を利用して Web サイトを
「Another HTML-lint」「W3C MarkUp Validation Service」「W3C CSS 検証サービス」
でそれぞれ評価を行う方法を紹介します。
(結果は新たなウィンドウに出力されます)

Another HTML-lint

W3C MarkUp Validation Service

W3C CSS 検証サービス(warning=2:警告を全て出力)

W3C CSS 検証サービス(warning=1:警告を一般的なものを出力)

上記リンクを右クリックして「お気に入りに追加」します。
(警告が出ますが無視します)
「リンク」に追加すると便利です。

  • ローカル上のファイルをチェックすることはできません。
  • フレームを使ったページの場合、そのままでは使用できません。必要なフレーム上で右クリックし、「プロパティ」で URL を調べ、アドレスバーに入力して開いて下さい。
参考リンク:
Another HTML-lint
The W3C MarkUp Validation Service
W3C CSS 検証サービス
TIPS 3

2003/04/03
IE の右クリックで簡単にサイトの文法チェック

皆さんは、自分のサイトの文法チェックを行ってみたことがあるでしょうか?私は予想外の不成績にがっかりしたことがあります。文法チェックにはいくつかの種類がありますが、ここでは「Another HTML-lint」で手軽にチェックできる方法を紹介します。
ちなみに当サイトのトップページの採点は、IE 専用条件付コメントタグを多用していることなどがたたって成績はよくありません。(^^;
  1. まず、「IEコンテキストメニューセット置き場」より、「IEコンテキストメニューセット」をダウンロードします。
  2. アーカイブを解凍し、適当なフォルダに格納します。
  3. インストーラが付属していますが、不要なメニューまでインストールされるので、ここでは、文法チェック用ファイル(lint.htm)だけを「IE MenuExt」(Uryusoft)を使用して、手動でインストールします。(「IE MenuExt」の使い方はヘルプを参照してください)ここではメニュー名を「文法チェック」とします。
  4. IE でページを開き、右クリックのコンテキストメニューから「文法チェック」を選択すると、チェック結果(採点)が(同じウィンドウに)表示されます。
(注:ローカル上のファイルをチェックすることはできません)

Uryusoft のWeb ページが開けず、IE MenuExt が入手できない場合は、
あんてぃ〜くしょっぷ くまかわ堂」より入手して下さい。
TIPS 2

2003/02/09
Windows Media Player 9 をインストールするとプラグインパネルのデザインが
変わる事に対する対策


Windows Media Player 9 をインストールすると、MIDI 等を再生する <embed> タグで表示されるプラグインパネルのデザインが下図のように新しくなります。


 170×40

ところが、それ以前のバージョン(Media Player 8 以前)では、下図のタイプのパネルデザインだったため、高さを 30px として、下図(2)のように表示させることが一般的に行われていました。


 (1) 170×40


 (2) 170×30

しかし、この設定のまま、Window Media Player 9 をインストールした環境でパネルを表示させると、下図のようにスライダーつまみがほとんど見えなくなってしまいますので、パネルの高さを 40px に変更した方がよいでしょう。


 170×30
TIPS 1

2003/01/24
Windows XP のスタートボタン、及びスタートボタンのポップアップヒントの文字を変更する

Windows XP のスタートボタンの文字とスタートボタンのポップアップヒントの文字を変更する方法を紹介します。危険を伴う作業ですので十分注意して自己責任にてお願い致します。

ここでは便宜上、システムフォルダ(%SystemRoot%) を C:\WINDOWS とします。
  1. filelist.xml(C:\WINDOWS\system32\restore\filelist.xml)の読み取り専用属性を外す。
  2. filelist.xml をメモ帳またはテキストエディタで開き、矢印の行を追加し、上書き保存する。
  3. filelist.xml を読み取り専用属性に戻す。
    <PCHealthProtect>
        <VERSION>1.0</VERSION>
        <DEFTYPE>E</DEFTYPE>
        <FILES>
            <Exclude>
                <REC>%windir%\system.ini</REC>
                <REC>%windir%\tasks\desktop.ini</REC>
                <REC>%windir%\win.ini</REC>
                <REC>%windir%explorer.exe</REC>  ←
                <REC>*:\AUTOEXEC.BAT</REC>
                <REC>*:\CONFIG.MSI</REC>
                <REC>*:\CONFIG.SYS</REC>
            </Exclude>
  4. C:\WINDOWS\explorer.exe を作業用フォルダ、及びバックアップ用フォルダにそれぞれコピーする。(ここでは作業フォルダを c:\work とする)
  5. 作業用フォルダにコピーした explorer.exe を Resource Hacker(日本語版) で開き、「String Table」の「37」と「38」の「1041」にある「スタート」と、「34」の「1041」にある「このボタンから始めます」を書き換える。
    個々のデータを書き換えた時点で「スクリプトをコンパイルする」ボタンを押し、最後にメニューの [ファイル]−[保存する] で保存する。
  6. セーフモードで起動する。(電源投入直後から F8 キーを連打)
  7. セーフモードで起動したら、コマンドプロンプトを起動する。
  8. タスクマネージャを起動し、「プロセス」タブから explorer.exe を終了させる。アイコンやタスクバーが消えてしまうが、気にせず、次の作業を行う。
  9. コマンドプロンプト上で copy c:\work\explorer.exe c:\windows と入力。問い合わせに対して y キーを押してコピー完了、再起動を行う。
スタートボタン書換

Top