Top
TIPS 3

2003/01/28
Opera7 正式版(English)がリリースされましたので、表示、動作の確認を行いました。その結果、トップページに一部表示の不具合が出ましたので、対応、修正しました。
(動作を Opera7 以降に対応させたわけではありません)
TIPS 2

2002/11/23
2005/04/20
修正

Opera7 以降では、Opera6 と比べて、innerHTML を始めとして IE との互換性がかなり向上しています。このため、Microsoft のページを始めとして、多くのサイトで正常表示できるようになりました。

なお、ほとんどの場合、

if (document.all) 〜 
などとして、IE と Opera7 以降を判別しなくでも表示は問題ないと思いますが、仕様上微妙に異なる部分があるので、できれば IE と Opera7 以降を判別処理する方が安全だと思います。

なお、「IE 5.5 スクロールバー色設定」ページを Opera7 以降に対応させる予定はありません。ほとんど無意味ですし、これ以上ページを重くしたくないからです。
TIPS 1

2002/08/01
Opera(ブラウザ)には「偽装機能」というものがありますが、これが、Web ページ作成者側からみて時としてやっかいな問題を引き起こすことがあります。従来、ブラウザ判別で IE(v4 以降)を判断する場合、JavaScript で
<script language="JScript">
       ・
       ・
のようにするか、または、
if (document.all) 〜 
のようにすればOKでした。(もちろん他にも判別方法はいくつかあります)
しかし、Opera のクイック設定で、「MSIE 5.0 として認識させる」(これがインストール時のデフォルトになっているようです)と、上記のような判別に対しても Opera は IE 5 として JavaScript を解釈してしまいます。しかし、実際の仕様は IE とはかなり異なる(IE 固有の仕様をサポートしていない)ので意図した通りに動作せず、レイアウトが崩れたり、スクリプトエラーになることも多いです。
そこで対策ですが、<script language="JScript"> は使わず、
if (!window.opera && document.all) 〜 
と、こうするだけで問題なく IE の判別ができるようになります。
Opera の偽装モードに関係なく有効です。

Top